優れたダイエット食品 バナナ

16.01.14 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

一時期流行した「朝バナナダイエット」を覚えていますか? スーパーマーケットでは連日バナナが売り切れるという状態にもなりましたから、試してみた方も多いと思います。

この朝バナナダイエットは朝食にバナナを食べて、昼食と夕食は今まで通りの食事、しかもおやつもOKというダイエット法です。流行しただけあって、その効果も大きいようですね。

バナナはその成分のひとつである酵素がエネルギー代謝をよくするため、ダイエットに適した食品だといわれています。また、ビタミンB群や不溶性食物繊維もたっぷり含まれているので、脂質や糖質の代謝を促進したり、便秘の改善にも役立つそうです。

では「朝バナナダイエット」の方法をご紹介しましょう。
朝食にバナナを食べます。何本でも構いませんので、ゆっくりとよく噛んで食べましょう。もしバナナに飽きたら、ほかの果物を単品で食べても結構です。

バナナを食べた後は水を飲んでください。このとき体を冷やさないよう常温のものを。朝バナナダイエットはこまめに水分を補給することが大切です。 昼食、夕食は普段どおりの食事をどうぞ。洋食よりも和食の方が効果的だそうです。もちろん暴飲暴食は厳禁です。

おやつも食べてかまいません。ただしアイスクリームのような体を冷やすものは避けましょう。

夕食は寝る4時間前までには済ませておくこと。夕食後、もし小腹が空いたらバナナ、またはそれ以外の果物を単品でゆっくりと食べてください。

また12時前に就寝する習慣をつけると痩せやすい体質になるそうです。
短期間での成果を求めずに、気長に続けることが朝バナナダイエットの秘訣です。

少年隊に恋する少女時代

意外な健康食品 チョコレート

16.01.14 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

チョコレートは意外にもダイエットに適した食品だということをご存知ですか。

チョコレートに含まれているレプチンやアディポネクチンという成分には食欲を抑制させる働きがあるので、食前に食べておくとダイエット効果が期待できるのです。

しかもチョコレートには食物繊維が豊富なので、便秘にお悩みの方にはとくにお勧めです。ただし、ご存知のとおりチョコレートは高カロリー食品なので食べすぎには要注意。

主成分であるカカオには基礎代謝を高める効果もあるので、午後のちょっと疲れを感じたころなどにカカオ含有率70%以上のものを食べるとよいかもしれません。

また、カカオポリフェノールは老化の原因となっている活性酸素を除去する効果もあります。

ほかにもカカオにはタンパク質、アミノ酸、脂質、糖分、カルシウム、ビタミンE、マグネシウム、炭水化物、亜鉛、テオブロミン、ミネラル、カカオポリフェノールなどがたっぷり。動脈硬化の予防やガンの予防、生活習慣病の予防にも期待ができるでしょう。

そのほか、意外なダイエット食品として「あんぱん」が挙げられます。
あんぱんの原料である小豆には、タンパク質や食物繊維、ミネラル、ビタミンBなどの成分がたっぷり含まれています。しかも糖分は血糖値を上昇させる作用があるため、すぐに満腹感を得ることができます。

1日の食事のなかで昼食か夕食をあんぱんとスープの低カロリーメニューにしてみてはいかがですか。もちろんあんぱんだけでは栄養が偏るので、あとの2食はバランスのとれた食事を摂りましょう。

健康増進のためにもダイエット茶を

16.01.14 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

私たちの身近なダイエット食品のひとつとしてお茶が挙げられます。日本人はお茶が好きな国民。つねにお茶を携帯している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、最近ではダイエットに効果的と謳われているお茶がスーパーマーケットなどの棚に所狭しと並んでいて、いざダイエットに最適なお茶を選ぼうとすると、迷ってしまいませんか。そこでお勧めしたいのが「杜仲茶」です。

この杜仲茶の特徴のひとつは内臓脂肪を燃焼させる働きがあることです。
たとえ見た目は痩せていても内臓脂肪というのは結構ついているもの。この内臓脂肪が蓄積されると心筋梗塞や脳卒中をはじめ、いろんな病気の原因となってしまいます。

ビタミンやミネラルも豊富に含む杜仲茶には血管を柔軟に保つ効果もあるので、ダイエットのためだけではなく健康のためにもぜひ飲んでいただきたい一品です。

それからもう一つお勧めしたいのが「プーアール茶」です。プーアール茶には脂肪の吸収を抑える作用があり、長期間飲み続けることにより脂肪を燃焼させる効果も期待できます。

とくに脂っこいものを食べた後などには最適な飲み物。ビタミンB類やミネラル、マグネシウムなどもたっぷり含まれていますので、ガンの予防や老化防止、歯の強化、免疫力も高めてくれます。

普通に食事を摂りながらプーアール茶を飲んでダイエット。これならダイエットも楽しくなるはずです。

優秀な健康食品 コーヒー

16.01.14 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

コーヒーがダイエットに効果的だということをご存知ですか。

普段、何気なく気分転換などに飲んでいるコーヒーですが、実は結構優れものなのです。

コーヒーは体内に蓄積された脂肪を分解し、血中に脂肪酸として放出する働きをもっています。そのタイミングで運動をすると脂肪がどんどん燃焼され、ダイエット効果が得られるというわけです。ただしこの効果を得るためにはコーヒーを飲むだけではなくて、運動もしなくてはいけませんが。

しかもコーヒーには精神を安定させるという効果もあるので、いつもよりストレスが溜まりやすいダイエット中であれば、一石二鳥ではないでしょうか。しかし、単にたくさん飲めば効果が上がるというわけではありません。

1日4~5杯程度、食後や運動前、入浴前に飲むと効果的だそうです。もちろん、砂糖やミルクをたっぷり入れては逆効果になりますからご注意ください。

また、妊娠中の方は流産の危険がありますので、1日3杯以下に抑えたほうがよいでしょう。
アイスコーヒーは体を冷やしてしまいます。脂肪は体の冷えたところにつきやすいので、なるべくホットで飲むことをお勧めします。

ほかにも、コーヒーは血栓を防いだり、コーヒーに含まれる「カフェイン」や「クロロゲン酸」が糖尿病の予防になったりするといわれています。また大腸ガン予防や動脈硬化予防。実際にコーヒーをよく飲んでいる人は結腸ガンになりにくいというデータもあるくらいです。もちろんガブ飲みは要注意。逆に血糖値に悪影響を与えかねません。

正しい方法でりんごダイエットを

17.12.13 / 未分類 / Author: / Comments: (1)

昔流行った「りんごダイエット」を覚えてますか。 3日間、りんごだけで過ごすダイエット法です。試した方もいらっしゃるのではないでしょうか。達成した方はいらっしゃいますか。かなり大変な方法ですよね。体にとってもちょっと無理があるかなと思います。

健康面からはあまりお勧めできないダイエット法ですが、1日3食のうちの夕食1食だけなら、りんごのみの食事でもよいかもしれません。りんご1個でも、かなり満腹感は得られるはずですし。

実はりんごは美肌効果もあるダイエットにはお勧めの食品です。りんごに含まれている成分”リンゴポリフェノール”が脂肪を燃焼させてエネルギーに変える作用があるのです。りんごを食べて運動をすると相乗効果が期待できるでしょう。

また「1日1個のりんごは医者知らず」ということわざがあるくらい、体によい栄養バランスのとれた果物なのです。りんごには整腸作用があるのはご存知ですね。便秘気味のときはりんごを食べると解消されますよ。さらに塩分の摂りすぎも抑えてくれますので、高血圧の方にはとくにお勧めです。

しかし、3日間りんごを食べ続けるという短期集中のりんごダイエットとなると考えもの。栄養が偏りすぎて、体内のバランスを崩しかねません。

前述のとおり、りんごは大変体によい食べ物なので、ぜひ摂っていただきたい果物ですが、極端に走ると危険なのです。ですから3食のうち1食をりんごに代える程度に止めたほうが無難です。